女性が働きやすい職場

近年では国をあげて女性の活躍が推進されていますが、実際に女性が働きやすい職場とは、一体どのような職場なのでしょうか。

どんな職場でも性別に関係なく、有能な人材が活躍出来るジェンダーフリーな職場が働きやすい職場の目安の一つです。しかし女性と男性では身体の作り自体が違いますので、以下の例に挙げる性差を考慮した職場環境が求められます。

例えば、ほとんどの女性は月に1度の月経期間があります。一時的にホルモンバランスが乱れ、人によっては精神的にも肉体的にも辛い日々が続きます。その際、生理休暇があることや早退がしやすいことが、働きやすい職場となるでしょう。

また、お茶汲みを女性に任せてしまったり、対外的なものは男性に任せてしまったりと、男女の区別をつけることは、あまり良い職場環境とは言えないでしょう。男女の区別なく、それぞれの人の適性によって仕事内容を割り振っている職場が望ましいです。

さらに、性別の対比が均等な職場というのは、職場環境に関して非常に良い状態に保たれる傾向があります。なぜなら男性・女性が同じくらいの人が働いていることにより、双方に有益な意見が採用されるからです。どちらか一方の性別の人が多い職場環境だと、偏った意見が採用されてしまう傾向があり、少数派の性別の人が働くには苦労する可能性もあります。また常に両方の性別の人がいることによって、年齢や結婚や子どもに関するセクシャルハラスメントのような発言も少なくなるでしょう。